ウーマン

防災にも役立つ

窓

さまざまな機能があります

住宅の窓ガラスが割れたり、ひびが入ったりした場合、自分でガラスを買ってきて張り替えるのは案外手間がかかるものです。そこで、ガラス交換を行っている業者に依頼すれば、重いガラスを扱う手間も省けますから便利です。ガラス交換を行っている業者では、通常の窓ガラスだけではなく、防火ガラスや割れにくい強化ガラスなどさまざまな種類のものを扱っていますので、必要に応じて窓ガラスを強化しておけば、万が一火災が起こった際や、ガラスに物がぶつかった場合などでも割れて怪我をする心配がありませんから安心です。このように、ガラスには色々な機能を持った種類のものがありますので、ガラス交換をする時に検討してみると良いでしょう。

開け閉めはゆっくりと

ガラスを新しいものに張り替えますと、もちろん開閉はスムーズになりますから、窓を開けたり閉めたりしやすくなります。ただし、ガラス交換をした後に力いっぱい窓を閉めないように注意することが大切です。新しいガラスに思い切り負荷をかけますと、後で立て付けが悪くなる原因になるからです。ですから、窓ガラスを開閉する際は、静かにゆっくり行うことが重要になります。また、通常のガラスから強化ガラスに変えた場合は、ガラスが若干重い場合があります。このため、これまでと同じ感覚で開閉を行いますと、窓ガラスに力を入れすぎる結果になってしまいますので注意が必要です。そうすれば、ガラス交換後にガラスが外れるなどのトラブルを防ぐことができます。